処女レズプレイ。基本にかえってローター責め

 Amazonで980円でローターを買いました。
 Amazon便利ですねー。 
 さっそく、リコちゃんに使ってみようっと。
 隠してリコちゃんに接近。
「なーに?」
と可愛い瞳で聞くので、もうそのままキス。
 唇をむさぼるように唇でマッサージしながら、リコちゃんの胸を服ごとつかんでもみもみ。
 ブラジャーの上からでもわかるとがった乳首。
 唇を離して私が
「エッチしよ♡」
というと、真っ赤に。
 時間は9時。朝日がさんさんと照るリビングで、床にリコちゃんを押し倒しました。
「ベッドがいい・・・」
 恥ずかし気なリコちゃん。
「たまには床で。冷たくて気持ちいいよ」
 リコちゃんのかわいいピンク色の唇に舌を入れながら、薄ピンクのブラウスのボタンを外します。
 下は何層にも薄い布が重なったスカート。ピンクと白です。
「恥ずかしいよ・・・」
 顔を隠すリコちゃんですが、強引にブラウスとブラジャーをはがします。
 もうスカートも、パンティも無理やりはぎ取っちゃいました。
 眩しい朝のリビングに若い処女の一糸まとわぬ裸体。
 そそっちゃいますよね♡
「恥ずかしい・・・やだぁ」
 リコちゃんは小声で顔を隠して恥ずかしがっています。

 リコちゃんの太ももを広げて、ピンク色のあそこを光の下に。
 キラキラともう光っているおまんこ。
 クリトリスは大きくなり始めています。
 皮をかぶっていて恥ずかしがり屋さんですが。
 皮をグイっと上にあげると、可愛い陰核がのぞきました。
 私はそれをペロリ。
「あん・・・」
 これでも処女なんですよ?だって私としかしてないし、まだバイブも入れたことないから。
 で隠しもっていたローターをスイッチオン♡
 ブブブフブブブ
「何?何?」
 ・・・結構音は大きくてリコちゃんちょっとパニックに。
「大丈夫。触るだけだから」
 ローターを陰核に当てると、リコちゃんが大きなため息を吐きました。
 広げられた膣口がぴくぴくして、透明な液をたらし始めます。
「いい?」
 片手でローターを押し付けながら、片手でオッパイをつねってあげるとビクビクッと体を硬直させます。
「ヤダ・・・あそこの中が疼くよう・・・」
 膣口からは透明な液が流れ出ています。
「まだだよ」
 私はボタンを押して、動きを変えました。
 ローターが強力に作動します。
「ああああああああ」
 リコちゃんのかわいい口から喘ぎ声が途切れることなく出始めました。
「下のお口からの涎すごいよ?床が濡れちゃってる」
 私が言うと、リコちゃんは恥ずかしがって足を閉じようとしましたが、押さえつけちゃってます私。
 ローターのボタンをまた押すとうごきが変わりました。
 ブブブブ   ブブ   ブブブブ
 バイブレーションのパターンは20種類あるんです。これ。
 でもリコちゃん。
 最初の三つでイッちゃいました。
 あそこから涎をたらして、ピクピクッと体を震わせています。
 体が震えるたびに、膣の中からおつゆが吐き出されて・・・

 処女なのに、イクことを覚えてしまったリコちゃん。
 楽しいのでまだまだ処女は保存してもらいます♡

使用ローターはこちら
ローター 20種振動モード 強力振動 リモコンローター (パープル) Amazon

 
処女動画集