私のアナル初エッチはおじさまが無理やり・・・

月花がまだ十代のころ。
月花はおじさまと付き合っていました。
月花より27才年上のおじさまは、奥様がいて愛人さんが数人いるひと。
お金はもらってないですよ~貢いでる方だったし。

そんなおじさまとは色々な場所でエッチしました。
毎日♡

ある日。海辺の素敵なホテルにチェックイン。
お外とか安めのラブホとかだったので、不信感。
別に特別な日でもないし。

お風呂に入って、お布団に。
彼のモノをパクリ。
私、フェラしながら自分でおマンコを触るの好きなんです。
彼のモノに歯を立てないように吸いながら、自分でおマンコを触りながらうっとりしてたら。
彼がおっぱいをつかんできました。
強めなのに、あそこからお汁が垂れちゃう。
彼は私の口から抜いて、愛撫もなしで私のあそこに突き刺しました。

私はわんこがしっぽを振るように腰をくねらせます。
太ももが濡れてきてるのが自分でもわかっちゃう。
彼が抜きました。私は誘うように腰を振ります。
彼が入れようとしたのは・・・アナル。
もちろん、指で広げたわけでもなくそんな経験もないので入るわけがありません。

「いたい!やめて!」

と叫んでも、押さえつけられて動けないようにされてしまいました。
彼はムキムキだったんです。
押さえつけられても、入りません。
先っぽが入っただけで激痛です。
処女喪失の時も痛くなかったのに・・・
無理やり私のアナルに自分のモノをねじ込みました。
痛くて悲鳴を上げてる私を押さえつけて、出血しているアナルに自分のモノを突き刺して動き出したんです。

「痛いッ!」

と叫んでるのに・・・そして白濁した液体を私の中にぶちまけました。

彼が抜くと、シーツにぽたぽたと血の跡が・・・。

ぼーっとしている私の足を広げさせて

「白いの出てきたよ」

・・・・。その前に赤いの出てるよ・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク